Press Release

Software AG、2011年度第3四半期は利益利幅ともに増加

  • 営業利益(EBIT)マージンは26%に上昇、営業利益は7,200万ユーロに増加
  • 成長をけん引したのはIT統合およびプロセス最適化ビジネス(BPE)
  • 9ヶ月間の純利益は13%増の1億2,500万ユーロ
  • 9ヶ月間の業績が通年の製品収入収益予想を裏付け

Darmstadt, Germany, 10/27/2011

2011年10月27日(ドイツ、ダルムシュタッド発) - Software AG(フランクフルトTecDAX:SOW)は本日、第3四半期ならびに2011年1月から9月までの決算を発表しました。この数字は2011年10月18日に発表した四半期速報の内容を確定するものであり、BPEライセンス収入では恒常為替レートで37%の上昇という非常に大きな成長を確かにするものです。それに伴う製品収入の増加と、IDS Scheer Consultingビジネスの黒字転換により、第3四半期の営業利益(EBIT)マージンは110 ベーシスポイント増加の26.2%となりました。2011年1~9月では、Software AGの営業利益(IFRS によるEBIT)は、10%増の1億9,120万ユーロ(前年は1億7,460万ユーロ)でした。支払利息の減少と固定の税率により、今年の純利益は13%増の1億2,530万ユーロ(前年1億1,100万ユーロ)となりました。9ヶ月間の業績に基づき、Software AGは同社の製品収入および利益の成長に関する通年予測を再確認しました。「グループのけん引役としてのBPEビジネス部門の役割が今回も追認され、私たちは第3四半期としては史上最大となる業績を記録しました」と、Software AGのCEO、Karl-Heinz Streibichは述べています。

グループ収益
Software AGの第3四半期ならびに9ヶ月間の業績は、特に営業収入および純収入での増加を受けて、さらなる成長を見せています。継続的な借入金の削減(買収や配当の支払いがあったにも関わらず、純負債は過去12カ月で26%減少し、1億4,340万ユーロ)および、借入資金調達コストの減少により、支払利息が減少しました。9月までの財務状況は40%(450万ユーロ)改善し、-680万ユーロ(前年は-1,130万ユーロ)となっています。税引前利益は13%増の1億8,440万ユーロ(前年は1億6,330万ユーロ)でした。株主資本は2010年9月30日時点から28%増となる8,705万ユーロとなっています。資本比率は52.3%(2010年9月30日時点では43.8%)に上昇しました。

グループ収入
第3四半期の連結収入は、2億7,460万ユーロ(前年は2億7,530万ユーロ)と2010年からほぼ横ばいとなりました。報告された収入は、継続的なユーロ高による為替の影響により、710万ユーロのマイナスとなっています。この影響は9ヶ月間の業績にも及びましたが、報告された総収入は-1,070万ユーロの為替差損を計上しながらも、8億430万ユーロ(前年は7億9,290万ユーロ)となっています。恒常通貨ベースでの成長は3%でした。IDS Scheer Consulting部門が、より収益性の高いプロジェクトに注力したことにより、グループ総収入の成長率は低いものとなりました。9月までのSoftware AGの中核製品部門(ライセンスと保守)の収入は、成長率が恒常通貨ベースで4% となる4億8,470万ユーロ(前年は4億7,480万ユーロ)でした。特にライセンス収入は第3四半期に大きく成長し、為替調整後で11%の成長となる7,470万ユーロ(前年は6,960万ユーロ)でした。

セグメント別収入
webMethods製品群およびARISを含むBPEビジネス部門(IT統合およびプロセス最適化)では、第3四半期のライセンス収入の成長が著しく、予想を上回りました。BPE製品ビジネスの成長は、不安定な経済状況においてもプロセス最適化に対する需要が衰えていないことを示しています。第3四半期の総合的なBPE収入は、恒常通貨ベースで12%増の1億3,120万ユーロ(前年は1億1,990万ユーロ)でした。製品収入は為替調整前の数字で21%増となる8,420万ユーロ(前年は7,210万ユーロ)に上りました。第3四半期の好業績は、やや不振だった第2四半期を相殺するものとなりました。全体的に見て、9ヶ月間のBPE製品収入は 2億3,650万ユーロ(前年は2億1,930万ユーロ)で、為替調整後で10%増加という通年予想の範囲内となりました。BPEビジネス部門の総収入3億7,670万ユーロ(前年は3億5,110万ユーロ)は、グループ収入の約47%であり、同社の最大の収益貢献部門となりました。同時期の収益への寄与も、7%の成長となる1億570万ユーロ(前年は9,860万ユーロ)が見込まれます。
Enterprise Transaction Systems(ETS - データベースソフトウェア)の第3四半期の総収入は、恒常通貨ベースで9,510万ユーロと、予想通りであり、前年の1億140万ユーロをやや下回りました。同時期のETS製品収入は、2億3,140万ユーロ(前年は2億3,870万ユーロ)と、ブラジルにおける近年の急成長に比べ、比較的落ち着いたビジネス展開となりました。全体的に見て、Software AGの従来ビジネスの総収入は9ヶ月で2億8,160万ユーロ(前年は2億8,680万ユーロ)であり、通貨調整後では横ばいとなりました。ETSビジネス部門は、グループ総収入の約35%を占めています。同部門の業績は、第3四半期に1億5,810万ユーロ(前年は1億5,490万ユーロ)と上昇しています。
数四半期にわたって減収減益が続いていたIDS Scheer Consultingビジネス部門(主にSAPコンサルティング)は、この第3四半期に黒字転換しました。さらに、第3四半期は夏季休暇の時期であったにも関わらず、第2四半期から6%増となる収益の増加がみられました。IDS Scheer Consultingセグメントの第3四半期の総収入は4,840万ユーロ(2011年第2四半期は4,580万ユーロ)でした。9ヶ月間で1億4,610万ユーロ(前年は1億5,500万ユーロ)の収入により、IDS Scheer ConsultingビジネスはSoftware AGの総収入の約18%に寄与しました。第3四半期の好業績により、上期の損失はほぼ相殺されました。
「収益性の高いコンサルティングビジネスに継続的に注力したことが、ついに結果につながりました。私たちは、このプラス収益の流れは第4四半期にも継続すると期待しています」と、Software AGのCFO、Arnd Zinnhardtは述べています。
 
従業員
Software AGの総従業員数は、2011年9月30日時点で5,498人(前年は5,708人)であり、そのうち研究開発(R&D)に従事しているのは855人(前年は822人)です。ドイツ国内の従業員数は1,920人(前年は 2,089人)です。

見通し
2011年9月までを振りかえり、Software AGは2011年10月18日に発表した中核ビジネス(ソフトウェア・ライセンス販売および保守)における年間成長目標は達成可能であるとみなしています。BPEビジネス部門では、この9ヶ月間に恒常為替レートで10%の製品収入成長を遂げました。統合およびプロセス最適化ソフトウェアに寄せられる顧客からの強い関心は継続しており、本ビジネス部門の2ケタ成長につながっています。Software AGは、恒常通貨ベースで10~15%としていた2011年のBPE製品売上の成長目標を再確認し、ETS収入は通年予想通り、前年度総額から±2%程度となると予想しています。IDS Scheer Consultingビジネスでは、Software AGは第4四半期も引き続き高マージンプロジェクトに注力していきます。これは、一方ではグループEBITマージンが約200 bp増の26%(前年は24.0%)という成長、他方ではグループ収入の増加(恒常通貨ベースで2~5%)に寄与しています。税引後利益については、前年度の1億7,560万ユーロから10~15%の成長という予測からの変更はありません。

主要指標 *

単位(百万€)

119

109

変動率 %

変動率 %**

11年度
3四半期

10年度
3四半期

変動率 %

 

変動

率 %

**

総収入

804.3

792.9

+1

+3

274.6

275.3

0

+2

製品収入

484.7

474.8

+2

+4

168.9

166.2

+2

+5

コンサルティング&サービス

316.4

315.0

0

+1

105.2

108.3

-3

-2

BPEビジネスライン収入

376.7

351.1

+7

+9

131.2

119.9

+9

+12

ETSビジネスライン収入

281.6

286.8

-2

0

95.1

101.4

-6

-3

IDSCビジネスライン収入

146.1

155.0

-6

-5

48.4

54.0

-10

-9

EBIT

- 収益比率

191.2

23.8%

174.6

22.0%

+10

 

72.0

26.2%

69.1

25.1%

+4

 

純利益

- 収益比率

125.3

15.6%

111.0

14.0%

+13

 

46.6

17.0%

45.6

16.6%

+2

 

一株あたり収益(EPS

(ユーロ)

1.46

1.30

+12

 

0.54

0.54

0

 

希薄化後の一株当たり収益EPS
(ユーロ)

1.44

1.30

+11

 

0.53

0.54

-2

 

フリー・キャッシュ・フロー

108.2

138.7

-22

 

13.3

42.6

-69

 

 

 2011/9/30

 2010/9/30

変動率 %

 

 

 

 

 

総資産

1,663.2

1,550.8

+7

 

 

 

 

 

現金および現金等価物

188.0

101.7

+85

 

 

 

 

 

純負債

143.4

249.6

-43

 

 

 

 

 

株主資本

-資本比率

870.5

52.3%

679.3

43.8%

+28

 

 

 

 

 

従業員数***

5,498

5,708

-4

 

 

 

 

 

-ドイツ国内従業員数

1,920

2,089

-8

 

 

 

 

 

- R&D部門従業員数

855

822

+4

 

 

 

 

 

* IFRS未監査| **為替の影響を考慮| ***正社員換算数

【本件に関する問い合わせ先】
ソフトウェア・エー・ジー株式会社
マーケティング
伊王野(いおの)
電話: 03-5405-4410(~2011年11月13日)
        03-5157-7607(2011年11月14日~)
メール: marketing-jp@softwareag.com

■Software AGについて
Software AGは、Business Process Excellenceの世界的トップ企業です。40年にわたるイノベーションの歴史の中には、初の高性能トランザクション・データベースであるAdabas、初のB2BサーバーおよびSOAベースの統合プラットフォームであるwebMethodsが含まれます。

弊社は世界で数少ない、エンド・ツー・エンドで使いやすい「ビジネス・プロセス・マネジメント (BPM)ソリューション」を最も低いTCOで提供するユニークな企業です。業界をリードするブランド群「ARIS、webMethods、Adabas、Natural、およびIDSシェアー・コンサルティング」により、プロセス管理やSOAベースのシステム・データ統合管理を支援し、プロセス指向のSAP導入、戦略的プロセス・コンサルティング等のサービスを提供しています。

Software AGは、2010年度の売上は、約11億ユーロでした。現在、5,600名以上の従業員、10,000以上の顧客を世界70カ国に有しています。弊社の包括的なソフトウェアとサービス・ソリューションは顧客のビジネスの成功を支援しています。本社はドイツ、ダルムシュタッド市に在り、フランクフルト証券取引所に上場しています。(TecDAX, ISIN DE 0003304002 / SOW)

Software AG - Get ThereFaster

サイトマップ