富士通が情報利活用向けの戦略製品にSoftware AGのTerracotta BigMemory Max、Terracotta Web Sessionsを、FUJITSU Software Interstage製品として販売開始

Tokyo, 6/18/2013

2013年6月18日、ソフトウェア・エー・ジー株式会社(本社 東京都千代田区、代表取締役社長 須崎弘一郎、以下 ソフトウェア・エー・ジー)とドイツ本社Software AGの100%子会社であるTerracotta Inc.(本社 米カリフォルニア州、CEO Robin Gilthorpe、以下 Terracotta)は、本日、富士通株式会社(本社 東京都港区、代表取締役社長 山本正巳、以下 富士通)が、ビッグデータ向けの戦略製品として、米TerracottaのTerracotta BigMemory Max 4.0およびTerracotta Web Sessions 4.0を採用することを発表いたします。

この2製品が富士通のビジネスアプリケーション基盤「Interstage」のラインナップに追加され、富士通の顧客の価値向上に貢献する情報利活用ソリューションが強化されます。
また本製品は、富士通が提供するパブリッククラウドサービスでも利用可能です。
(参考:富士通の製品サイト「Interstage Terracotta」   http://interstage.fujitsu.com/jp/terracotta/)

本製品の出荷時期は以下の通りです。
Interstage Terracotta BigMemory Max V4.0: 2013年6月末より
Interstage Terracotta Web Sessions V4.0: 2013年7月末より

「このたび、Software AGのTerracotta BigMemory MaxならびにTerracotta Web Sessionsを
FUJITSU Software Interstage製品として販売できることを嬉しく思います。世界各国で実績のあるこれらの製品により、お客様の情報利活用システムに大きな貢献ができると確信しております。」と、 富士通株式会社 ミドルウェア事業本部  本部長 新田 将人は述べています。


「日本最大手のIT企業である富士通様との戦略的提携は、ビッグデータの市場性を明確に表しています。Terracottaのインメモリ技術をベースとした、新しいビジネスチャンスへの取り組みを、富士通様との長期的な協力関係に加えることができ大変嬉しく思っています。」と、Software AGのCEO、カールハインツ・シュトライビッヒは述べています。


「インメモリ技術とリアルタイムデータ・アクセスにおけるビジネス価値を、富士通様の巨大な顧客基盤にTerracottaのソフトウェアと共に提供します。これは、Software AGのTerracottaのビッグデータ戦略にとって最高の推薦であり、このエキサイティングな提携をさらに拡大していきたいと考えています。」と、TerracottaのCEO、ロビン・ギルソープは述べています。


Interstageについて
Interstage(インターステージ)は、SOAに基づきサービスを整理し、業務システム全体を最適化していくことで、お客様のビジネス成長を加速するビジネスアプリケーション基盤です。


■Terracotta製品ファミリについて

Terracotta 製品ファミリは、次世代のリアルタイム・ビッグデータ・アプリケーション・プラットフォームであり、かつてない、そして予測可能なスピードとスケールを提供することにより、eコマース、顧客サービス、そしてほとんどの組織の機能に革命的な変革をもたらします。金融サービス、小売、通信、その他の業界のトップ・グローバル企業は、自社のビジネスモデルを変革し、利益を最大化し、顧客を満足させる新しいサービスを提供するために、Terracotta製品を使用しています。


■Terracotta BigMemory Max 4.0について
BigMemory Max 4.0は、あらゆる規模で、予測可能な極めて低いレイテンシを持つ、世界で最も優れた配布型インメモリ管理ソリューションです。
BigMemory Max4.0を利用することで、組織は、従来のディスクベースのアーキテクチャで行っていた、高可用性、耐故障性、データの一貫性と管理のし易さを維持しながら、超高速のRAMに全てのデータ簡単にストアすることができます。
Big Memory 4.0は、高速なeコマース向けのwebサイト、リアルタイム・リスク管理、そしてメインフレーム・オフロード・アーキテクチャなどを世界有数のグローバル企業へ提供しています。


■Terracotta Web Sessions 4.0について
Terracotta Web Sessions 4.0は、データベースへの負荷やアプリケーションへの再書き込みなしに、ステートレスなWebアーキテクチャの拡張性の高い利益を提供します。
本製品は、お好みのフレームワークと、独自のオブジェクトで稼動します。
本リリースから、Web Session 4.0は、インメモリ、スピード、高可用性と大規模なスケールに対応したBigMemory 4.0と完全に統合されています。



■本リリースに関するお問い合わせ先
ソフトウェア・エー・ジー株式会社
マーケティング 伊王野
Tel: 03-5157-7607
Mail : marketing-jp@softwareag.com
ウェブサイト : www.softwareag.com/jp

■ Software AGについて
Software AG (FRA:SOW)は、組織がビジネス目標により早く到達できるように支援をしています。同社のビッグデータ、統合およびビジネス・プロセス技術は、顧客がよりスマートな決定とよりよいサービスを得られるように、運用上の効率性を高め、システムをモダナイズし、プロセスを最適化します。40年以上にわたる顧客中心のイノベーションに根差し、中核製品群のAdabasおよびNatural、ARIS、Terracotta、webMethodsによりビジネスを拡大し、同社は15の市場カテゴリで「リーダー」と位置づけられています。Software AGは、現在、世界70ケ国に約5,300人の従業員がおり、2012年度の売上は、10.5億ユーロでした。詳細は、http://www.softwareag.com/jpをご覧ください。

Software AG - Get There Faster

サイトマップ