プレスリリース

Software AG、ガートナー社マジック・クアドラントのエンタープライズ アーキテクチャ ツール部門における「リーダー」に11年連続で選出

  • ビジョンの完成度と実行力についてSoftware AGが高評価を獲得
  • 主要な生産性機能を装備した最新のAlfabet製品版10.3リリースの紹介
  • Google Translate®、Amazon Translate®、DeepL® Translatorを活用する自動データ翻訳を追加
  • 高品質なドキュメント作成を可能にするMicrosoft PowerPoint® Publication Facility も装備

独ダルムシュタット, Wednesday, November 14, 2018

Software AG(フランクフルトTecDAX: SOW)は本日、ガートナー社が10月22日にリリースした「2018年 マジック・クアドラント、エンタープライズ アーキテクチャ ツール部門」の「リーダー」に同社が選出されたことを発表しました。これは、Software AG 製品のAlfabet Enterprise Architecture Management(EAM)が評価されたもので、ガートナー社による同社のリーダーへの選出は11年連続となります。

Software AGのCTOおよび取締役であるウォルフラム・ヨスト博士(Dr. Wolfram Jost)は、次のように述べています。「私共は今回の結果をとても喜ばしく思います。Software AGがガートナーのマジック・クアドラントで継続的にリーダーシップを認められているのは、お客様のデジタル変革プログラムのために、時代に合ったソリューションを迅速に提供できているという証明です。私共にとってこのマジック・クアドラントは、Software AGのエンタープライズアーキテクチャに関するビジョンが優れていること、お客様がIT戦略とビジネス戦略を効率的かつ効果的に管理できるようにAlfabetに独自の新機能が追加されたことを再確認するものです」

Software AGのAlfabet エンタープライズアーキテクチャ管理ソフトウェア(R10.3)の最新リリースには、主要な5つの要素があります。

  1. 自動データ翻訳:連合的な多国籍環境で製品を利用しているユーザの適応力と生産性の向上に役立つ機能です。Google Translate®、Amazon Translate®、DeepL® Translator等の機械翻訳サービスにより、最小限のコストと手間で、ユーザインターフェイスの要素を希望する言語に自動翻訳することができます。これにより、ユーザは慣れている言語で作業をすることができ、意思決定支援の重要な要件であるその分野の専門家からの情報面での貢献と、情報品質の両方を大幅に向上させることが可能です。
  2. Microsoft PowerPoint® Publication Facility:この新機能はMS PowerPointの柔軟なレイアウト機能およびAlfabetの可視化と動的なデータコンテンツを活用して、エグゼクティブ向けの高品質なドキュメント作成を提供します。
  3. 自動アシスタント:任意のタイプの有益なコンテンツが掲載された新規ポップアップウィンドウが開き、不慣れなユーザのために、現在のタスクに関するコンテキストや案内を提供します。デジタルインフラストラクチャやビジネス/ITの変革、またはユーザが特定のビジネス目標に到達するために役立つガイダンスやコンテキストとして利用可能です。
  4. Jira Agileのプロジェクト管理・問題追跡との統合:開発者はこの機能により、製品の種別を越えて戦略的に製品のバックログを確認し、開発において何をすべきかを迅速に決定することで、意図するビジネス目標を達成することができます。
  5. バックログの需要から機能への遷移:アジャイル開発チームがこの機能を使用して、デジタル製品やサービスに対するビジネス上の需要をバックログ機能に直接遷移させることができ、デジタル革新を加速することができます。

ヨスト博士は続けて、次のように述べました。「私共は、Software AGが過去11年間にわたって市場のリーダーであると同時に、リリースを重ねるごとに新しく革新的な機能を継続的に追加することで、EAツールの市場形成の牽引役でもあると考えています。さらにAlfabetは、企業アーキテクチャを戦略的IT計画およびIT ポートフォリオ管理の基礎として活用した最初の市販製品であり、現在でもデジタル変革プロジェクトの必需品であるのです」

最新のAlfabetソフトウェアのリリースは、B2Bトランザクション(購買申請、注文、請求など)を自動化するためのエンタープライズ向けB2BゲートウェイであるwebMethods Trading Networksとシームレスに統合され、世界中の顧客、販売者、取引相手と電子的に商取引を行うことができます。取引ネットワークは、製造業、エネルギー資源業、物流業、製薬業などのサプライチェーンが主となるさまざまな業界の企業ランドスケープの中で不可欠かつ大きな部分を占めています。Alfabetソフトウェアにより、お客様の統合メタデータおよびランタイムデータから、取引ネットワークの企業ランドスケープの部分が自動的に収集できます。これにより、手動による継続的なデータキャプチャの必要がなくなり、情報の正確性が著しく向上し、ダイナミックなポートフォリオの意思決定や計画ダイアログの重要な性能測定が可能になります。

Alfabet(リリース10.3)は市場の課題に対処する新しい最先端の機能を搭載しており、市場でのSoftware AGのリーダーシップを引き続き確かなものにしています。

ガートナー社の同レポートには、次のように記載されています。「2018年にマジック・クアドラントのリーダーに認定された企業群は、事業成績に牽引されたEA、モデリング、分析への明確なサポートを表明しています。また、その企業達は同様にEAディシプリンの方向性と成熟度、そして現在と将来のデジタル事業への関連性について明確なビジョンを示しています。またそのリーダー達は、ガートナー社がリサーチの中で強調している、最前線を占めるEAの実践企業のニーズに応えています。そして、市場の需要に見合う成熟した製品やサービスを提供し、要件が変化する中で、市場でのプレゼンスを維持するために必要なビジョンを示しています。リーダー企業は、製品やサービスに集中して投資をしているため、その提供内容が進化するにつれて市場を牽引し、全体としての方向性に影響を与えています。典型的なリーダーは(市場サイズとの比較において)大きく、満足度の高い顧客ベースを抱え、市場においても認知されています。企業の規模と財務面の強さによって、彼らは変化する経済の中にあって影響力を保ち続けています。一方でリーダー企業は通常、活発な市場の要件をサポートして、幅広いマーケットオーディエンスに対応していますが、垂直的な市場や、より特殊性が高いセグメントにおいては限定されたニーズを満たすことに成功しない場合があります。」

本レポートはこちらから無料でダウンロードすることができます。

*ガートナー社「マジック・クアドラント エンタープライズ アーキテクチャ ツール部門」共著:Samantha Searle、Marc Kerremans(2018年10月22日発行)
2012年以前については、Software AGは「alfabet」の名称で掲載。

ガートナー社の免責

ガートナーは、研究刊行物に掲載された特定のベンダー、製品またはサービスを推奨するものではありません。また、上位の評価を得たベンダーのみを選択するようテクノロジーの利用者に助言するものでもありません。ガートナー・リサーチの発行物はあくまでもガートナー社の研究組織の見解をまとめたものであり、事実を表現したものとは異なります。なお、ガートナーは、本リサーチの内容について明示または暗示を問わず、商品性や特定目的への適合性を含む一切の保証を行うものではありません。

Software AG について

Software AGはさまざまな企業のデジタル化を支援しています。当社独自のデジタル・ビジネス・プラットフォームにより、企業は顧客とより高度に交流し、新しいデジタルの旅に導き、独自の価値提案を促進し、新しいビジネスチャンスを創出することができます。モノのインターネット(IoT)市場では、企業はIoTコンポーネントの統合、接続、管理、および人口知能(AI)に基づいた将来のイベントの予測やデータ分析を行うことができます。デジタル・ビジネス・プラットフォームは、当社の数十年にわたる妥協なしのソフトウェア開発、ITの経験と技術的なリーダーシップに基づいて構築されています。当社は世界70ヶ国に約4,500人の従業員を有し、2017年度は8億7,900万ユーロの売上を達成しました。

【本件に関するお問い合わせ】
ソフトウェア・エー・ジー株式会社
マーケティング担当
Email: marketing-jp@softwareag.com

Follow us on Twitter: Software AG Global

Support login