プレスリリース

Software AG、独立系リサーチ企業によりストリーミング分析部門の「リーダー」と評価される

独 ダルムシュタット, Wednesday, September 25, 2019

Software AGは本日、大手リサーチ企業であるフォレスターリサーチ社によるレポート「The Forrester Wave™: Streaming Analytics, Q3 2019」の中で、同社のApamaソリューションが評価され「リーダー」に選出されたことを発表しました。

フォレスターの今回のレポートでは、「Software AGはリアルタイムの産業用IoTについてのビジョンを持っている。同社のApamaは、あらゆる機能を備えたストリーミング分析プラットフォームであり、オンプレミス、クラウド、エッジの別を問わずどんなリアルタイム用途にも適している。その処理の早さと可用性の高さは、高速で間違いの許されない金融取引業界のお墨付きである」と言及しています。

フォレスターは、これらの特性により「Apamaは、同様に間違いの許されない基幹環境である製造業、サプライチェーン、フィールドオペレーションといったリアルタイムの産業用IoTでの利用にも非常に適している」と評価しています。

Software AGの最高研究開発責任者(CPO)であるステファン・シグ博士(Dr. Stefan Sigg)は次のように述べています。「リアルタイム分析は、データに付加価値を求める企業のお客様にとって非常に重要です。弊社のApamaを、特にCumulocity IoTクラウドプラットフォームの心臓部としてご利用いただければ、あらゆる場所でデータを連携し、収集し、管理し、分析することで最大限の競争優位性を得ることができます」

今回、特に重要なストリーミング分析ベンダー11社が26項目で評価され、ランク付けされました。レポートでは、「ストリーミングデータに対する分析の深さと幅広さは重要である。しかし、ストリーミング分析ベンダーが、潜在的に膨大な量となり得るストリーミングデータを処理するための規模拡張に対応できなければ、すべては無に帰する。さらに、ストリーミング分析が最も必要とされている場所、すなわちオンプレミス、クラウド、エッジのいずれにおいても展開できることも重要である」と言及しています。

Apamaは、めまぐるしく動くビッグデータから企業が瞬時に洞察を得て、次に起こることを予測し、リスクやチャンスをすぐに特定して対応するサポートをします。

Software AGのIoT&アナリティクス部門ゼネラルマネジャーであるユルゲン・クレイマー博士(Dr. Jürgen Krämer)は、次のように付け加えています。「当社のApamaにより、企業のお客様はリアルタイムデータに迅速に反応する能力を得て、顧客を注目させ、満足させて繋ぎとめることができるほか、支出を抑え、エラー軽減に役立つ運用効率を実現することもできます。今回フォレスター社がApamaをこの分野におけるリーダーと認めてくださったことを大変喜ばしく思います」

本記事のレポート(英語)は、こちらのリンクからダウンロードしてお読みいただけます。

Software AG について

Software AGは、Freedom as a Service(FaaS)、サービスとしてのフリーダムをご提供しています。私共は統合を再考し、ビジネス変革を促進して、モノのインターネット(IoT)上で迅速なイノベーションを実施することで、お客様のビジネスモデルの差別化を進めることができます。対象はアプリからエッジまで、あらゆるテクノロジーを接続して統合する「フリーダム」をご提供します。お持ちの重要なデータをサイロの状態から解放し、共有可能で使いやすく強力な形式に変換することで、お客様がビジネスにおける最良の判断を下し、全く新しい成長の可能性を引き出すお手伝いをします。

【本件に関するお問い合わせ】
ソフトウェア・エー・ジー株式会社
マーケティング担当

Email: marketing-jp@softwareag.com

Follow us on Twitter: Software AG Global

Support login