• ソフトウェア・エー・ジー(日本)へようこそ

ワード検索

各国のサイト

Press Release

Software AG、2013年度ライセンス収入が史上最大を記録

  • グループライセンス収入は9%増の3億3,000万ユーロ
  • 最大事業ラインBusiness Process Excellence(BPE)のライセンス収入は第4四半期に23%増
  • ビッグデータ事業は約2倍の成長
  • Enterprise Transactions Systems (ETS)部門も期待を上回る成果
  • コンサルティング: 順調に回復、上向きなセグメント業績
  • 「注: 記載されたすべてのパーセント表示は、恒常為替ベースで四捨五入されたものです」

Darmstadt, Germany, 1/28/2014

2014年1月28日(ドイツ、ダルムシュタッド発)- Software AG (フランクフルトTecDAX: SOW)は、2013年第4四半期ならびに2013年度通期の業績 (IFRS、速報値)を発表しました。同社のライセンス売上は、同四半期に過去最高を記録しました。23%増となった同社最大の事業ラインBusiness Process Excellence (以下、BPE)の業績は競合製品を大幅に上回り、Software AGはマーケットシェアを大きく拡大しました。Enterprise Transaction Systems (以下、ETS)事業ラインも、第4四半期に20%以上の成長を見せ、グループライセンス収入は22%増となりました。2013年下半期の好調な業績に牽引され、2013年通期のグループライセンス収入も同様に9%増加し、過去最高の合計3億3,000万ユーロ(2012年:3億1,900万ユーロ)を記録しました。この好調な業績は、2013年にSoftware AGがとったBPEの販売マーケティング活動の拡大に投資するという成長戦略の結果です。また、同社は昨年中に合計で1億1,000万ユーロ以上に相当する5件の買収を行い、BPE製品ポートフォリオを更なる革新的な技術で強化しました。

「2013年は単にライセンス事業で弊社の史上最高の業績を達成した年というだけではありません。私たちの変革戦略が正しい方向に向かっていることを証明した年でもあります。技術面でのリーダーシップを土台に、2014年はさらにマーケットシェアを拡大していきます。」と、Software AG のCEO、Karl-Heinz Streibichは述べています。


Software AG のCFO、Arnd Zinnhardtも、「私たちは本質的な成長に投資し、5件の技術を獲得することで、未来志向の事業ラインを強化しました。同時に、断固としたコスト管理を通じ、営業利益率を高水準に保つことができました。十分な現金準備額により、更なる成長に向けても理想的な位置にあります」と述べています。


事業ラインの展開


統合プロセス ソフトウェアおよびビッグデータ ソリューションからなるBusiness Process Excellence (BPE)事業ラインの収益は、2013年最も好調だった第4四半期に18%の成長となる1億2,700万ユーロ(2012年: 1億1,400.万ユーロ)となりました。通期収益は、前年比15%増の4億2,300万ユーロ(2012年: 3億8,500万ユーロ)でした。BPE ラインの中でもビッグデータ製品は3,700万ユーロを計上し、前年の収益からほぼ倍増となりました。


販売拡充の成功が特に良い影響をもたらしたのが、第4四半期には23%、通期では18%増加したBPEライセンス収入でした。ソフトウェア セクターのライセンス売上は保守費用からの長期的な収入も生むため、将来的な成長の主要業績評価指標と見なされています。保守契約による収入は前年比11%の伸びを反映し、第4四半期には5,300万ユーロ (2012年: 5,000万ユーロ)、 2013年度通期では2億300万ユーロ(2012年:1億9,000万ユーロ)でした。


BPEの好調な業績は、販売マーケティングチームの拡大や5件の買収などSoftware AGの戦略的イニシアチブが2013年度中に既に効果を発揮していたことを示しています。地域としては、南北アメリカおよびアジア太平洋が最大の成長要因となりました。米国子会社のSoftware AG Government Solutionsも、複数の大口取引でBPE の成功に貢献しました。


BPE は、グループの製品収入(ライセンス+保守)のおよそ60%(2012年: 54%)を占めており、引き続きSoftware AG の最大の事業ラインとしての役割を保持しています。同社は、2018年までにこの割合を80%にまで高めることを計画しています。


従来からあるSoftware AGのEnterprise Transaction Systems (ETS)データベース事業は、特に高いライセンス収入により、第4四半期に3%の成長を記録しました。本事業ラインの通期収入は、2億7,400万ユーロ(2012年: 3億1,100万ユーロ)で、前年比7%減となりました。この展開は、成熟と飽和した従来型データベース・ソフトウェア・マーケットが全般的に減少するという同社予測と一致するものです。 


コンサルティング事業ラインの収益は、第4四半期に7千万ユーロ(2012年:8,500万ユーロ)、2013年通期では2億7,500万ユーロ(2012年: 3億5,200万ユーロ)でした。この減少は、コンサルティング事業再編によるもので、2013年第1四半期のカナダおよび米国におけるSAPサービス事業の売却を含みます。さらに、第3四半期には、ハンガリー、チェコ共和国およびスロバキアでも売却処分が行われました。これらの措置により、同社のSAP サービス事業は、ドイツ語圏でのプロセス コンサルティングに集中できるようになりました。コンサルティングは、2013年度にもセグメントとしてプラスに寄与しました。特に顕著な収益改善が見られたのは第4四半期でした。Software AGは、コンサルティング事業の転換を年度内に締めくくることができたことになります。


総収入および利益の業績

好調なBPE事業に牽引され、第4四半期のグループライセンス収入は22%増の1億1,100万ユーロ (2012年: 9,700万ユーロ)となりました。保守収入は恒常為替ベースで前年比横ばいでした。製品収入(ライセンス+保守)は、第4四半期には前年比10%増の2億4百万ユーロ(2012年: 1億9,700万ユーロ)となりました。総収入は3%増の2億7,100万ユーロでした。


下半期の事業のダイナミックな成長に後押しされ、2013年通期では、Software AG グループのライセンス収入は9%増の3億3,000万ユーロ(2012年: 3億1,900万ユーロ)となりました。これは、Software AG 史上最高額であり、変革戦略が成功していることを裏付けるものです。2013年度の保守収入は3億7,600万ユーロで、恒常通貨ベースで前年度から横ばいでした。製品収入は前年比4%増の7億600万ユーロでした。この事業の総収入に占める割合は、73%に上りました (2012年: 68%)。したがって、Software AGの収益ミックスは、さらに成長駆動かつ利益率の高いライセンス収入および保守収入にシフトしました。


北米および東欧でSAPサービス事業を売却した影響により、コンサルティング事業の収入が減少した結果、2013年のSoftware AGの総収入は9億7,300万ユーロとなりました。BPEの成長は、予想されたETS収入の減少を補って余りあるものでした。為替相場は特にグループ収入にマイナスの影響 (合計3,800万ユーロ)をもたらしました。この影響がなければ、グループ収入は10億ユーロを突破していた計算になります。


Software AGの2013年のEBITは、2億600万ユーロでした。これは、計画にもとづく5,300万ユーロの販売マーケティング部門の拡大および700万ユーロの研究開発活動の追加費用の影響を受けたものです。買収関連費用調整後の経常EBIT(非IFRS)は2億6,100万ユーロであり、経常売上利益率は約27%となります。税引き後純利益は、1億3千4百万ユーロ(非IFRS: 1億7,300万ユーロ)です。 計上された一株当たり利益は1.60ユーロ(非IFRS: 2.07ユーロ)でした。 [注: ガイダンスとの比較 - 計上時の収入は、追加のM&A 関連費用および株券買付により修正されています – 一株当たり利益は1.70ユーロでした。


従業員

2013年12月31日時点で、Software AG の従業員は5,238人 (2012年: 5,419人)、そのうち1,180人 (2012年: 1,131人)が販売マーケティング部門に従事しており、998人 (2012年: 887人)が研究開発部門に従事しています。同日時点のドイツ国内の従業員総数は、1,711人 (2012年: 1,768人)です。

2014年の見通し

Software AG は、2014年度のBPE 収入について、12-18%の増加を見込んでいます。ETS 収入は、9-16%の減少が予想されます。2014年の営業成績(非IFRS)は、4-10%の成長を見積もっています。


# # #

2013年第4四半期の主要経済指標
IFRS準拠、未監査


単位 百万ユーロ

2013年第4四半期

2012年第4四半期

前年との比較 %
(四捨五入)

前年との比較 %
(恒常為替ベース)

BPE ライセンス

73.6

63.5

+16

+23

BPE 保守

53.1

50.2

+6

+11

BPE  製品売上

126.7

113.7

+11

+18

売上比率 (%)

47

41

 

 

 

ETS ライセンス

36.0

32.3

+11

+21

ETS 保守

39.0

45.7

-15

-9

ETS 製品売上

75.0

78.0

-4

+3

売上比率 (%)

28

28

 

 

 

コンサルティング

69.6

84.8

-18

-16

売上比率 (%)

26

30

 

 

 

総ライセンス売上

110.9

97.1

+14

+22

総製品売上

204.4

196.8

+4

+10

総売上

271.5

276.7

-2

+3

研究開発費

29.4

26.3

12

13

営業&マーケティング費用

80.8

65.6

23

30

EBIT*

70.4

75.4

-7

-

純利益

46.9

50.7

-7

-

1株あたりの利益(ユーロ)**

0.57

0.58

-2

-

フリーキャッシュフロー

53.5

45.2

+18

-

Operating earnings (non-IFRS)

EBIT

83.8

89.3

-6

 

EBIT マージン

31

32

-

 

純利益

56.6

60.9

-7

 

1株あたりの利益

0.69

0.70

-1

 

*EBIT = 当期経常利益 + 支払利息 - 受取利息 + 法人税等
**Weighted average number of shares outstanding (basic) Q4/2013: 82.2 mn / Q4/2012: 86.6 mn / FY/2013: 83.7 mn / FY/2012: €86.8 mn


2013年第4四半期の主要経済指標
IFRS準拠、未監査


単位:百万ユーロ

2013年度

2012年度

前年との比較 %
(四捨五入)

前年との比較 %
(恒常為替ベース)

BPE ライセンス

220.1

194.7

+13

+18

BPE 保守

202.8

190.0

+7

+11

BPE 製品売上

422.9

384.7

+10

+15

売上比率 (%)

43

37

 

 

 

ETS ライセンス

107.4

121.3

-11

-6

ETS 保守

166.4

188.3

-12

-7

ETS 製品売上

273.8

309.6

-12

-7

売上比率 (%)

28

30

 

 

 

コンサルティング

275.4

352.1

-22

-20

売上比率 (%)

28

34

 

 

 

総ライセンス売上

330.1

318.9

+4

+9

総製品売上

705.7

712.2

-1

+4

総売上

972.7

1,047.3

-7

-4

研究開発費

107.9

101.1

+7

+8

営業&マーケティング費用

300.1

246.9

+22

+26

EBIT*

205.5

248.3

-17

-

純利益

134.0

164.7

-19

-

1株あたりの利益(ユーロ)**

1.60

1.90

-16

-

フリーキャッシュフロー

159.1

170.7

-7

-

Operating earnings (non-IFRS)

EBIT

260.7

298.9

-13

 

EBIT マージン

27

29

-

 

純利益

172.9

200.7

-14

 

1株あたりの利益(ユーロ)

2.07

2.31

-10

 

*EBIT = 当期経常利益 + 支払利息 - 受取利息 + 法人税等
**Weighted average number of shares outstanding (basic) Q4/2013: 82.2 mn / Q4/2012: 86.6 mn / FY/2013: 83.7 mn / FY/2012: €86.8 mn





単位;百万ユーロ

Dec. 31, 2013

Dec. 31, 2012

総資産

1,996.9

1,771.9

現金および現金同等[相当]物

450.0

315.6

潤負債/流動性

-36.3

14.8

資本率 (%) 

48

60

従業員数 (FTE)

5,238

5,419



2014年見込み

単位;百万ユーロ

2013年度

2014年度

BPE 売上*

422.9

+12% to +18%

ETS 売上*

273.8

-16% to -9%

営業利益(IFRS未監査)

260.7

+4% to +10%

*恒常為替ベース


■本リリースに関するお問い合わせ先 
ソフトウェア・エー・ジー株式会社 
マーケティング部 伊王野 
Tel:03-5157-7607 
Mail:marketing-jp@softwareag.com
ウェブサイト :< www.softwareag.co.jp >

Software AGについて
Software AG (FRA:SOW)は、組織がビジネス目標により早く到達できるように支援をしています。同社のビッグデータ、統合およびビジネス・プロセス技術は、顧客が、よりスマートな意思決定と、よりよいサービスを得られるように、運用の効率化、システムをモダナイズし、プロセスを最適化します。40年以上にわたる顧客中心のイノベーションに根差し、中核製品群のAdabas、Natural、ARIS、Alphabet、Apama、Terracotta、webMethodsによりビジネスを拡大し、同社は14の市場カテゴリで「リーダー」と位置づけられています。Software AGは、現在、世界70ケ国に約5,200人の従業員がおり、2013年度は9.73億ユーロ(IFRS、未監査)の売り上げを達成しました。詳細は、< http://www.softwareag.com/jp >をご覧ください。


Software AG - Get There Faster


Follow us on Twitter:
Software AG Germany | Software AG USA